カテゴリから探す

各条件から探す

性別から探す




価格タイプから探す




ブランドから探す

こだわり条件から探す


カラーから探す

フリーワードから探す


を除く

ブランド名・メーカー名から探す

  • バナー画像
  • バナー画像
  • バナー画像
  • バナー画像
  • バナー画像

部活・サークル必需品

スーパースポーツゼビオで取り扱う数多くの商品の中から
部活やサークル、日常的にスポーツをしている人におすすめアイテムをご紹介。
さらに上達するためにアイテム選びのポイントもチェックしましょう。

野球用品の特徴

グラブ 投手用はボールの握りが見えないような形状、捕手・一塁用は捕球しやすい形状、内野手用は操作性が重要なので小さめの作り、外野手用はフライやライナーを落とさないよう大きめに作られています。
バット 硬式用、軟式用、ソフトボール用と大きく3種類に分かれます。次に選ぶ際のポイントは材質になります。木製やカーボン製はしなりやすく、さらにカーボン製は軽量で振りやすさ抜群です。
金属製は耐久性に優れていて、高反発素材は飛距離がでます。
シューズ スパイクは地面への食いつきが良く、パワーロスが少ないのが特長。トレーニングシューズは突き上げを緩和し、疲労軽減につながります。目的に合わせ使い分けるといいでしょう。
ソフトボール 対象年齢によって試合で用いるボールとバットが決まっています。
1号は小学生(低学年)以下、2号は小学生(高学年)以下、3号は中学生以上になっています。
ボールの1号球と2号球に対しバットの1号と2号であればどちらも使えます。3号球は3号バットを使用しなければなりません。

野球用品


硬式、軟式、ソフトボールで用品が変わってきます。一般的に硬式はプロ野球、高校野球、中学シニアリーグ、小学リトルリーグ。軟式は少年野球や草野球が該当します。

おすすめ特集
お得なセット
イーストン(EASTON)ビーストスピード野球3点セット
これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1グラブ(硬式・軟式) 硬式・軟式・ソフトボール用で異なり、ポジション別でも異なってきます。
2バット(硬式・軟式) 硬式・軟式・トレーニング用と様々なタイプがあり、用途に合わせてお選びください。
3ウェア 練習用ユニフォームは、毎日の練習でユニフォームは泥だらけになります。2~3枚は必要です。
アンダーシャツは、汗などでの着替え用として2~3着あれば便利です。
4スパイク スパイクのソールに種類があり、樹脂金具、ポイントに大別されます。
5ボール 硬式用と軟式用に分かれ、仕様は用途に応じて種類、サイズも異なります。
6トレーニングシューズ 練習時のウォーミングアップ時などに使用します。
7グローブ 守備手袋は、手とグラブの一体感を得ることができ、衝撃緩和の為の パッド内蔵モデルもあります。
バッティンググラブは、バットを握る際にグリップ力を上げる効果があります。
8野球帽子 直射日光から守るアイテムです。
9バッグ・ケース グラブ、スパイクなど野球用一式を持ち運ぶために便利です。
10小物 スパイクの刃から身を守り衝撃を吸収するストッキングや素材・チームからで選ぶベルトなどプレーをサポートするアイテム。
  • 硬式用クラブ
  • 軟式用クラブ
  • 硬式用バット
  • 軟式用バット
  • ウェア
  • スパイク
  • ボール
  • トレーニングシューズ
  • 野球グローブ
  • 野球帽子
  • バッグ・ケース
  • 小物
  • ソフトボールクラブ
  • ソフトボールバット
  • ソフトボールボール

サッカー用品の特徴

シューズ スパイクはグリップ力があり、トレーニングシューズはスパイクに比べクッション性が高く、突き上げを軽減する特長があります。フットサルシューズは室内で滑らないようラバー製のフラットソールが特長です。目的に合わせ使い分けるといいでしょう。
その他(ボール) 小学生は4号球、中学生からは5号球を使用します。フットサルボールはサッカーボールに比べ小さく、弾まないのが特長です。

サッカー用品


サッカーは11人で行うスポーツに対し、フットサルは5人競技。アイテムではシューズやボールに専用のアイテムを選ぶことをおすすめします。

おすすめ特集
サッカー・フットサル特集
これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ウェア チーム指定のブランド、カラーをお確かめ下さい。洗濯も考え、数枚必要です。
2スパイク グランドにより芝用、人工芝用、土用と人工皮革、天然皮革モデルが有ります。
3トレーニングシューズ 本格的練習前のウォーミングアップや人工芝での練習使用と室内用が有ります。
4ボール 未就学児3号、小学生4号、中学生以上5号、検定球がお勧めです。
  • ウェア
  • スパイク
  • トレーニングシューズ
  • サッカーボール
  • レフリーウェア
  • キーパーグローブ
  • キャップ・その他
  • フットサルウェア
  • フットサルシューズ
  • フットサルボール

バスケットボール用品の特徴

シューズ ポジションに合わせたシューズ選びが上達への近道です。ジャンプが多いフォアードやセンターにはクッション性に優れたモデルを、素早い動きを求められるガードやフォアードには軽量でグリップ性に優れたモデルがおすすめです。
その他(ボール) 天然皮革は手になじみやすく、ソフト感に優れています。人工皮革はソフト感・耐久性があり、ゴムボールは耐久性に優れ、屋内・屋外どちらでも使えるのが特長です。

バスケットボール用品


ポジションに合わせたバスケットシューズ選びがポイントになります。

おすすめ特集
バスケットボール特集
これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ウェア 複数枚の準備が必要です。毎日練習する部活生は最低2~3枚は用意しましょう!
2シューズ ポジション・レベルに合わせたシューズ選びが必要です。
3ボール 皮革(天然/人工)とゴム製があり、用途と性別により使用するボールが変わります。
4バッグ・ケース 練習道具一式を入れて移動するのに必要です。大きめを選ぶのがお勧めです。
5バスケ小物 適正な空気圧を保つための空気入れ、耐久性、吸汗速乾性に優れたバスケット専用のソックスなど、プレーをサポートするアイテム。
  • ウェア
  • スパイク
  • バスケットボール
  • バッグ・ケース
  • バスケ小物

バレーボール用品の特徴

シューズ ハイカットとミッドカットは足首を支え怪我しにくい構造になっています。ローカットは足首を自由に動かせるので動きやすさを重視する方におすすめです。
ポジション別では、アタッカーはハイ&ミッドカットのクッション性が高いモデルを履く方が多く、レシーバーは素早く動く為ローカットが人気です。
その他(ボール) 小学生は軽量4号。中学生・家庭婦人用・レクリエーション用は4号。一般・大学・高校用は5号を使用します。天然皮革のボールはソフト感にすぐれ、人工皮革も柔らかく耐久性もあります。

バレーボール用品


ポジションに合わせたバレーボールシューズ選びがポイントになります。

これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ウェア 複数枚の準備が必要です。毎日練習する部活生は最低2~3枚は用意しましょう!
2シューズ ポジション・レベルに合わせたシューズ選びが必要です。
3ボール 用途により、使用する大きさが変わります。中学生:4号 高校生:5号となります。
4サポーター ヒザ用・ヒジ用があります。滑り込んだ時の怪我防止に必要なアイテムです。
5バレー小物 適正な空気圧を保つための空気入れ、耐久性、吸汗速乾性に優れたバレーボール専用のソックスなど、プレーをサポートするアイテム。
  • ウェア
  • シューズ
  • バレーボール
  • サポーター
  • バレー小物

陸上用品の特徴

スパイク 陸上スパイクには短距離用、中距離用、長距離用と分かれています。短距離用スパイクは地面にかかとがついてしまうとパワーロスしてしまうのでシューズの形状はかかとがつかないように作られています。サイズも隙間なくぴったりしたサイズがオススメです。
中距離用スパイクは通気性とホールド性を両立しているスパイクがおすすめです。
長距離用スパイクでは通気性と軽量性に優れたものがオススメ。
高飛びスパイクは踏み切りに必要なかかとにもスパイクが配置され、踏み切りの足も決まっているので右足用、左足用と分かれています。投てき用シューズは回転しながら投げる方はソールが丸く角をおとしたもので、砲丸投げで回転せずに投げる方はシューズのソールがフラットのものがオススメです。

陸上用品


100Mから400Mの短距離。800Mから5000M未満の中距離。5000M以上の長距離。跳躍や投てきなど種目に合わせてスパイクを替えるのが一般的です。

これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ウェア 吸汗速乾の軽量Tシャツを選びましょう。
2スパイク 自分の種目、トラックの種類に違いがあり、種目によってピンの長さが違います。
3バッグ・小物 安定性を求める生地の薄い専用ソックス、シューズを保護し、持ち運びに便利なシューズケースなど、プレーをサポートするアイテム。
  • ウェア
  • スパイク
  • スパイク
  • グローブ
  • バッグ・小物

テニス用品の特徴

ラケット ラケットを選ぶ際には「ラケット面の大きさ」、「ラケットの重量」、「ラケットフレームの厚さ」3つのバランスで選びます。ラケット面が大きいものはスイートスポットが広く、反発力があります。ラケット面が小さいものは振り抜きが良く、打球感が良いのが特長です。ラケットの重量は軽くなれば操作性があがり、女性や力のない方にオススメです。ラケットの重量が重いものは振り抜きが良くなり、ボールを打ち返すときにラケット面がぶれにくい特長があります。
ラケットフレームが厚ければフレームがしならなくなり反発係数が高くボールはよく飛び、逆に薄いラケットは飛ばないラケットになります。
ガット ストリングの構造でモノフィラメントとマルチフィラメントがあります。モノフィラメントは一つの太い芯に細い繊維を巻いて組み合わせたストリングで反発性に優れています。マルチフィラメントは細い繊維を多く束ねたストリングで打球感が柔らかく、コントロールがつけやすいストリングです。
また、ストリングには寿命があります。張ってから使わなくとも徐々にストリングは伸び始め、約3ヶ月で伸びきってしまいます。伸びきったストリングは衝撃吸収しないので怪我の原因にもなります。3ヶ月に1度は張り替えましょう。
シューズ シューズはすべてのコートで使えるオールコート用シューズと砂入り人工芝や土のコートで使用するクレー&オムニ用シューズがあります。オールコート用シューズはハードコートでの使用もあるのでクッション性と耐久性に優れています。
クレー&オムニ用は滑らないようソールに深い溝を入れグリップ力を高めたシューズです。

テニス用品


大きく硬式テニス、ソフトテニス(軟式テニス)によって、ラケットを選びます。プレーする場所やスタイルによってシューズやストリングを選ぶとよいでしょう。

おすすめ特集
テニス特集
これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ラケット+ガット ソフト・硬式やレベルによってもラケット、ガットの種類が異なります。
2グリップテープ グリップを保護してくれます。手の大きさにあわせて太さの調節をしましょう。グリップを持ち運ぶ際に便利です。
3ウェア 複数枚の準備が必要です。毎日練習する部活生は最低2~3枚は用意しましょう!
4シューズ オムニ・クレー用、オールコート用とコートの種類によりお勧めします。
5ボール ソフト・硬式や練習用・試合用によって種類が異なります。
6バッグ・ケース シューズやラケット、その他の用品を保護し、持ち運びに便利です。
7テニスキャップ・サンバイザー 直射日光から守るアイテムです。
  • 硬式用ラケット
  • 硬式用ガット
  • 軟式用ラケット
  • 軟式用ガット
  • グリップテープ
  • ウェア
  • シューズ
  • ボール
  • バッグ・ケース
  • テニスキャップ・サンバイザー

バドミントン用品の特徴

ラケット 重量は75~95gぐらいのものがあり、最近では85g程度のラケットが主流です。
軽いラケットは操作性がよく、重いラケットはスィングスピードの速いパワープレーヤーに向いています。またバランス(重心)では強烈なショットを打ちたい方は重心がラケットの先端よりにあるトップヘビーを選びます。ラケットの振り抜きが良さ、操作性を求める方はトップライトがおすすめです。
ガット ストリングは太さと張る強さで変わります。ストリングが細ければ反発力が高く、打球感もよくなります。太いストリングは耐久性があり練習量が多い方におすすめです。張る強さも重要で、緩く張ると反発性が上がりシャトルは飛び、硬く張るとコントロール性があがります。
シューズ バドミントンは前後左右、さらにジャンプと激しく動くのでシューズ内の温度が上がりやすいスポーツです。バドミントンシューズは通気性とクッション性の高いものがおすすめです。ミッドカットは足首のホールド感に優れ、ローカットは軽量性に優れています。

バドミントン用品


プレースタイルによってラケット、ストリングを選びます。ラケットの材質では、カーボン製は反発性、コントロール性が高く競技向け、スチール製は安価で重く変形しやすい特長がありレジャーに向いています。

これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ラケット プレースタイルやレベルによってラケットの種類が異なります。
2ガット プレースタイルやレベルによってガットの種類が異なります。
3グリップテープ グリップを保護してくれます。手の大きさにあわせて太さの調節をしましょう。グリップを持ち運ぶ際に便利です。
4ウェア 複数枚の準備が必要です。毎日練習する部活生は最低2~3枚は用意しましょう!
5シューズ クッション性とグリップ性に注目しましょう。機能性インソールを入れてレベルアップするのもおすすめです。
6シャトル 水鳥・ナイロン素材の種類があります。公式試合の場合は使用できるシャトルを確認しましょう。
  • ラケット
  • ガット
  • グリップテープ
  • ウェア
  • シューズ
  • シャトル

卓球用品の特徴

ラケット 主にシェークハンドとペンホルダーという2種類に分かれます。シェイク型は左右のボールに強く、バックハンドも打ちやすいラケットです。ペン型はフォアハンドとサーブが打ちやすいラケットです。そのほかには中国ペンがあり、形状はシェイクハンドの持ち手を短くしたような形で持ち方はペンと同じです。ペン型よりも両面で打ちやすいのが特長です。
ラバー 卓球のラバーはボールと接する重要なギアで主に、裏ソフト、表ソフト、ツブ高、一枚、アンチの5種類があります。裏ソフトはもっとも多くの選手が使用しているラバーで、スピンがかけやすいラバーです。表ソフトは表面にツブがでていてスピードが出しやすく、回転はかけにくいが相手の回転の影響も受けにくいラバーです。ツブ高は表ソフトと同様にツブがでていて細くて長いのが特徴です。相手の回転をそのまま逆回転にして返すことが出来ます。一枚はラバーの下にスポンジがなく反発性を押さえて、コントロール性のあるラバーで、アンチは裏ソフトで回転がかからないようになっているラバーです。ラバーのスポンジの厚みが厚ければボールのスピードが出しやすく、薄ければコントロールしやすいのが特長です。また、表面がツルツルとしてきたら張替えの目安になります。2ヶ月を目安に貼り替えましょう。
シューズ 卓球は素早く前後左右に動く激しいスポーツです。グリップ性があり、衝撃吸収するシューズを選ぶことをおすすめします。

卓球用品


プレースタイルは、攻撃型、守備型の2つのスタイルに大きく分かれます。また打球面に貼るラバーの種類によって自分の長所を活かすことが主流です

おすすめ特集
卓球特集
これだけあれば大丈夫!!

 ・・・マストアイテム

※詳しくはお近くのスポーツナビゲーターまでお尋ね下さい。

1ラケット ラバーの張ってあるタイプとラケット・ラバーの自由に選べるタイプがあります。正式大会ではJTTA(日本卓球協会)認定ラケットのみの使用になります。
2ラバー ラケットの表面に貼るもの、表面の違い、スポンジの厚さなどの違いがあります。プレースタイル・レベルによりお選び下さい。
3グリップテープ グリップを保護してくれます。手の大きさにあわせて太さの調節をしましょう。
4ウェア 複数枚の準備が必要です。毎日練習する部活生は最低2~3枚は用意しましょう!
5シューズ 卓球専用の室内シューズです。軽量性とグリップ性に優れています。
  • ラケット
  • ラバー
  • グリップテープ
  • ウェア
  • シューズ

水泳用品の特徴

水着 競泳なら水の抵抗が少なく、後ろに流れやすい素材や形を選びます。飛び込みやアーティスティックスイミング、水球をする方は表面積の少ないものを選ぶことで、入水時の抵抗を減らせます。水球においては対戦相手に掴まれる面積を減らせます。
※返品対象外ですのでご注意ください。
キャップ メッシュ素材やゴム素材など素材でデザインで選びます。競泳においては、スピードを上げ、水の抵抗を減らすためゴム素材のキャップを使用する選手が多めです。練習時はメッシュ素材を選ぶ選手もいます。
ゴーグル 水に顔や目がつかることに違和感がなければ、表面積の少ないシンプルなものが水の抵抗が少なく選ばれます。曇り止めが付いている場合や目の周りのクッションが調整できるタイプもあります。好みや機能で選ぶとストレスなく泳げます。
練習補助道具 プールサイドに設置されていることが多い道具です。キックの練習で使用するのがビート板。足の動きだけで泳ぐため泳法の向上によるスピードアップが期待できます。手のかき、泳法強化、泳力を鍛えるなら足に挟んで使用するのがプルブイが有効です。

水泳用品


競泳、飛び込み、フィットネス、レジャー、競技や目的に合わせて選びます。選手は、練習や大会で水着やキャップ、ゴーグルを使い分けます。

  • 競泳水着
  • フィットネス水着
  • スクール水着
  • スイムキャップ
  • スイムゴーグル
  • スイムバッグ・ポーチ
  • タオル・セーム
  • ウエア・ジャージ
  • スイム・競泳小物
  • 練習補助道具

ラグビー用品の特徴

ウエア ラグビーはプレー中に激しい接触がある特性上どうしてもラグビーウェアの消耗が激しくなるスポーツです。
そのため、ラグビーウェアを選ぶ際は耐久性と動きやすさで選びましょう。
シューズ ラグビースパイクには、大きく分けて2種類あり、取り替え式と固定式があります。スパイクはコートの状況に適した種類があり、適していないスパイクを履いてしまうと快適にラグビーが行えないだけではなく、怪我をしてしまうリスクも高まります。
ボール 初心者は、大きさや素材で選びましょう。公式戦を行なうレベルの場合は、公式球と同じメーカーを選ぶ方が良いかもしれません。
所属するリーグによって公式球として定められているラグビーボールに若干の差があります。

ラグビー用品


ラグビーは近年注目を浴び小学校や中学校で取り組む機会も増えています。スポーツショップでもなかなか扱っていないラグビーアイテムをゼビオで扱っています。ウエアから小物までレベルにあった商品を選びましょう。

  • ラグビーウェア
  • ラグビーシューズ
  • ラグビーボール
  • ラグビースタッド・ヘッドギア
  • ラグビー小物

ハンドボール用品の特徴

ウエア 屋内、屋外での練習など環境に合わせて変えましょう。外の場合、松ヤニを滑り止めで使用することもあるため2,3枚洗い替えで購入すると良いでしょう。
シューズ ハンドボールは「空中の格闘技」と言われるほど激しいため、耐久性の良いシューズ・捻挫をしにくい補強をした機能性の高いシューズを選びましょう。
ボール ハンドボールは男女、年代別に大きく分けて3つのカテゴリーに合わせて使用できるボールのサイズが違います。 初心者にはソフトハンドボールもおすすめです。

ハンドボール用品


ハンドボールは激しい動きのため、素材や耐久性など機能性重視で選ぶと良いでしょう。

  • ハンドボールウェア
  • ハンドボールシューズ
  • ハンドボールボール
  • ハンドボール小物

武道用品の特徴

道着 道着は綿素材の道着とポリエステルが含まれているものに分かれます。試合や審査の時は綿素材の道着が着装も美しく見えるため選ばれています。毎日の練習で洗濯をしたいという方は乾きやすいポリエステルが入っている道着がおすすめです。練習にも試合にも使える綿素材を、練習用の洗い替えであればポリエステルが入っている道義を選ぶと良いでしょう。
ただし、道着を長持ちさせるには柔軟剤と乾燥機は使わない方が良いでしょう。
道具 武道の道具で代表的なものとして竹刀が上げられます。竹刀は、全日本剣道連盟により規定が定められています。小学生までは男女兼用で身長にあわせて最大36(3尺6寸、111cm 以下、370g以上)、中学生は男女で重さが分かれる37(3尺7寸、114cm 以下、男性440g以上、女性400g以上)を使用すると良いでしょう。また、個性を出すなら鍔を自分好みに変えてみましょう。

武道用品


大人も子どももパフォーマンスを上げ、怪我を少なくするには、自分の体にあったサイズを選ぶようにしましょう。

  • 柔道
  • 剣道

練習用具・競技用具の特徴

練習道具 自分の苦手な部分や弱点の克服、さらなる技術アップにつながる練習用具を選ぶことが大切です。
ストップウオッチ スピードを上げるためには正確な実力を記録することも大切です。

練習用具・競技用具


成績を伸ばし、技術を向上させるために自主トレは効果的です。練習道具は目的やスペースに合わせて選びましょう。競技用品は試合やレースと同じ状況を想定し記録を続けることも重要です。

  • 練習器具
  • ストップウォッチ・ホイッスル・ストラップ
  • トレーニング用具

筋トレ用品の特徴

ダンベル 引き締まった美しい体づくりをしたい人に人気のダンベル。選ぶ上で大切なのは「握りやすさ」と「重量」です。重さの目安としては、ダンベルを両手に持ち、肩から頭上にやっと10回程度上げることができるの重さが目安です。
また、強化部位に合わせ重さや器具を変えることも考えましょう。
ゴムチューブ アスリートやフィットネスクラブに通う女性まで、幅広い層で支持されているチューブエクササイズ。その魅力は安さと手軽さ、そして携帯性です。負荷の強さと方向を自由にコントロールでき、自分の体力に合わせて手首、腕、肘、肩、腹筋などをストレッチ&トレーニングしましょう。
プロテイン 通常の食事に比べ吸収が早いため、起床後やトレーニング後など速やかに補給したい場合に有効です。植物性プロテインの代表格といえば、大豆から作られたソイプロテイン。腹もちが良い。乳清から作られるホエイプロテインは吸収が最も速くBCAA比率も高い。好みによって選びましょう。

筋トレ用品


基本のトレーニングはギリギリ8回から10回あがるくらいの重量で、3~5セット、インターバルは2分程度。このセットができる重量で選びましょう。筋トレ、ストレッチなど目的に合わせ、アイテムを選びます。休息とタンパク質の摂取も重要です。

  • ダンベル
  • ゴムチューブ
  • とび縄
  • ストレッチ器具
  • プロテイン

合宿・遠征準備

これだけあれば大丈夫!! 合宿編

おすすめ特集

  • 暑さ対策特集
  • サンダル特集
  • 健康食品・サプリ・スポーツドリンク特集
  • 大型商品もラクラクお買い物♪

ご注文からお届けまでの流れ

ご注文ご注文
ご注文は24時間年中無休で承っております。
注文受付メール注文受付メール
当店から自動配信受付メールが届きます。※当店は実店舗と在庫を共有しており、この時点ではまだ在庫は確保できておりません。
注文確定メール注文確定メール
在庫が確保でき、注文確定となった場合に当店から注文確定メールが届きます。※在庫の確保に時間を要する場合、確保できなかった場合、当店から別途ご連絡させていただきます。
商品発送完了メール商品発送
完了メール
商品発送後に送信させていただききます。
在庫がある商品はご注文受付後、通常2~5日以内に発送します。

「メーカー取り寄せ」もしくは「店舗間取り寄せ」により
1~2日かかる場合がございます。

商品到着商品到着
商品をお受取いただき、商品のご確認をお願いします。